大崎市古川と一関市のアパートやマンションの賃貸、土地や建物売買など不動産情報は北都開発へ

弊社の提供するツーバイフォーアパートの特長

  ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)は北米で最も主流の工法です。
  北米では住宅の9割以上がこの工法で建てられています。


 1)耐震性
   面で支えるモノコック構造により、
在来工法と比べて、1.5倍~
   2倍程度の耐震性
があり、阪神大震災においても、その優れた
   耐震性により、ツーバイフォー住宅は大きな被害を受けませんでした。
   ※1 モノコック構造:フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち
     付けた壁や床(面材)で支える構造(6面体で構成する一体構造)
   ※2 地震保険金額:1,000万円 期間:5年(一括)
       ツーバイフォー工法    33,600円
       在来工法         66,100円


 2)気密性・断熱性
   熱伝導率の低い木造構造材を使っており、更に、モノコック構造により
   
高気密・高断熱を実現。


 3)耐火性
   火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材とな
   っています。これにより空気の流れを遮断して上階へ火が燃え広がる
   のをくい止めます。また、弊社の提供するツーバイフォーアパートは
   省令準耐火基準構造です。
   ※ 火災保険金額:1,000万円 期間:10年(一括)
      弊社ツーバーフォー工法(T構造)   
59,910円
      在来工法(C構造)          125,800円


 4)遮音性
   入居される方の一番気にされることは隣りや上階の音です。
   弊社は独自の対策により、
高い遮音性を実現しています。
   ⇒詳細はこちら



 5)防錆性①
   屋根材に従来のトタンと比較して、4倍もの防錆性を誇る
   ガルバリウム鋼板を使用しています。


 6)防錆性②
   階段廊下の金属部分は、高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸し、表面に
   亜鉛皮膜を形成する溶解亜鉛めっきを採用しています。
   ※①と同様に耐久性を図ることで、メンテナンス費を軽減します。


 7)ベタ基礎
   底板一面に鉄筋を配したコンクリートベタ基礎を採用しています。
   家の荷重を底板全体で受け止め、
高い耐震性を実現します。
   更に、湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。


 8)10年保障
   弊社建物は、地盤、躯体、主要構造部において、住宅保証機構(株)
   による厳しい基準をクリアし、
10年保証を付保しています


大崎市古川、一関市の不動産情報は北都開発にお任せ下さい!


〒989-6117
宮城県大崎市古川旭2-3-8
イオン古川店南向い
古川の不動産会社北都開発の地図

TEL:0229-22-2211
FAX:0229-22-3311
info@hokuto-re.co.jp

*定休日:毎週水曜日*
営業時間のご案内
月~金曜日:9:00~18:00
土、日、祝日:9:00~17:00

▶ プライバシーポリシー
▶ 会社概要

*社員BLOG*
大崎市古川の賃貸は早坂へ
大崎市古川の不動産は渡辺
アットホーム
賃貸
Copy Right(C) Hokuto-Kaihatsu. All rights are reserved.